惨敗!南伊勢-尾鷲釣行

釣りに行ってきました。
スポンサーリンク

先日南伊勢から尾鷲にかけて、何を狙うとも決めずに釣りに行ってきました。

日暮れ頃に南伊勢は奈屋浦に到着。

エギングをやっている人がチラホラ。

墨も比較的新しそうなものがありました。

でも最近の冷え込みで今日は釣れていなさそう。

と言う事で移動。

次にやってきたのは神前浦。

ここも墨はいくつかあるものの釣れる気配がない。

やっぱり事前情報は重要ですね…。

移動!

次は古和浦。

ベイトが沢山いるのが確認できました。

アジも付いていないかと期待しましたが不発。

移動!!

アジどこにおるんだ??

その次は紀伊長島港のランプ下へ。

人が多すぎて入れない…。

しばらく観察するも釣れている様子がない。

移動!!!

次は道瀬港というところへきました。

常夜灯の下にはベイトとシーバスが結構います。

アジング用のワームでチョコチョコしてるとアタリがあるも、のらない。

そして千切られるワーム。

何がアタックして来ているのか??フグかな?

外海に面する堤防には墨跡がかなりあったのでまだ数が結構釣れていたのかもしれません。

エギを投げてみるも反応なし。

移動!!!!

次は三浦港

ここは工事をしている様子でした。

工事といえば最近三木浦も工事をしていたなぁ。

という事でさらに移動!!!!!

本当は島勝の方に行ってみたかったが、夜釣り禁止の情報があったので引本港へ。

常夜灯の下をみてみるとランカーサイズのシーバスがうじゃうじゃ。

凄い…。

でも見えとるのは釣れんよね。

ちょっと粘るも釣れず。

ふと空を見上げると満天の星空。

尾鷲…めっちゃ星綺麗やん

移動!!!!!!

次に来るは尾鷲港。

常夜灯の下にはいつもの様に小魚がウヨウヨしているものの。

全然釣れない。

反応もしない。

そうこうしているうちに空が少し明るくなって来たので突堤へ移動。

ちょっと餌を投げてみると反応ありだが、乗らない。

結構でかいイワシの餌なのだが、何が反応しているのかわからないまま反応がなくなりました。

今日はそういう日なんでしょう。

明るくなってからはジグを投げてみますが、反応無し。

平和すぎるよ…。

もう今日は開拓(釣れる場所ではなく釣りができる場所)の一日です。

正直ネットでも情報は拾えますが、百聞は一見に如かず ですからね。

次は古江港へ来ました。

夏場はアカハタやオオモンハタが結構上がっている様子をyoutubeで見ましたが。流石に冬場は訳が違いますね。

全く釣れず。

対岸の方へ移動。

こちらはものすごい量のベイトがいましたが、それだけ。

何でフィッシュイーターの姿がないのだろうか??

その次は九鬼漁港。

ナブラではないが、海鳥が海面に突っ込んでいるのが見えます。

ここは生命感だけはいつもあるのが凄い。

とりあえずジグを騒がしいところに投げてみるも反応無し。

ベイトだけだったのかな。

昼もすぎて来たので、ちょっと餌を投げてみるとヒット。

釣れましたがエソ。

餌はやっぱり釣れるは釣れる。

が、エソ。

夕暮れ時になって来たので尾鷲港へ移動。

トイレ前の常夜灯の下でアジ、ヒイラギ?がサビキで入れ食い状態となっていました。サビキは持ってないや…。

そこ以外の場所はお葬式状態。

冬場の釣りはなかなか辛いね。

帰り道に昨晩釣りが出来なかった紀伊長島港へ行ってみると少し場所があったのでアジング。

何か魚はいるが反応しない。

周りのサビキにも反応しない。

シーバスのちっこいのでしょうか?

ふと空を見上げると飛行機の様な赤い光がものすごい速さで動いている。

UFO!?その光は途中で2つに分裂して消えました。(何の話?笑)

結構大きな隕石か流星ですね。

釣果はなかったが、良いものは観れたのでまあ良しとしましょう。

今後こういう釣りをするなら釣れる季節にしないと厳しい事に気が付いた1日でした。



コメント