鯖【サバ】

釣れた魚図鑑
スポンサーリンク
スポンサーリンク

基本情報

安くて美味し魚の代表ですね。

鯖は絞める時に首をてでボキッと折ってしまうのですが、これはサバ折りの語源になっていますね。

 

またサバといえばアニサキスが思い浮かぶ人も少なくないと思います。

アニサキス症とサバのアニサキス寄生状況

上記のサイトによると日本海側のサバと太平洋側の鯖ではアニサキスの種類が違う様で、筋肉へのアニサキスの移行率が大幅に違う様です。

日本海側の鯖の方がアニサキスの筋肉への移行率が低いため、生食には向いているということです。

しかし、過信は禁物ですので、しっかりとアニサキスチェックはしましょう。

釣り方

サビキ釣りが一般的であると思います。

また、サバは魚食性でもあるのでルアーでも釣れます。

オフショアジギングで使うサイズのジグにでも食ってきますが、狙うなら小さめのジグが良いでしょう。

回遊魚なのでショアから釣る場合は、運も重要です。

釣具屋などで情報を仕入れてから釣りに行のが吉です。

今まで僕は鯖の魅力に全然気づいていませんでした。

確かにブリやヒラマサとかそう行った大型の青物は食べ応えもあるし、美味しいです。

 

しかし、鯖はそれらに負けず劣らずの美味です。

特に脂が乗っているものが最高です。

因みに旬は秋から冬にかけてで脂が乗っています。

まず味が濃い!旨味が凄い。

ただの塩焼きでもご飯が進む進む。

刺身にしても口の中でとろけます。

 

船で釣りをしていて釣れてもあまりうれしくは無いですが、食べることを考えるととても嬉しいです。笑

捌き方

鯖は身が結構柔らかいので、身が崩れない様に捌いてあげてくださいね。

正直皮を剥いで食べるなら、鱗は取らなくても全然捌けます。

ただ皮も美味しいので焼き鯖なんかは皮ごと行っちゃって下さい!

鯖(さば)のさばき方 – How to filet Mackerel -|日本さばけるプロジェクト

コメント