雉子羽太【キジハタ】

釣れた魚図鑑
スポンサーリンク
スポンサーリンク

基本情報

アコウとも呼ばれているハタ科のお魚です。

テトラ帯や磯場に生息しており、25m位までの比較的浅いところにいます。

最大で60cmにもなるみたいです。

40cm位になると雌から雄に性転換します。

ここまで成長するのに10年程度かかるというのですから、あまり小さな個体はキープしてしまうといけませんね。

小さいうちは甲殻類がメインのエサとなりますが、成長につれ魚食となってきます。

釣り方

ソフトルアーを使った釣りがメインになるかと思います。

ホッグ系のものやグラブテール、シャッドテールなどにジグヘッドやテキサスリグなどが一般かとおもいます。

基本狙いはテトラ帯や磯なので、根掛かりが非常に多くなります。

そのため、少しでも根掛かりしないようオフセットフック型のジグヘッドやオフセットフックを使用したテキサスリグが良いと思います。

その方がネチネチと攻められます。

ストレートの針を使う場合は、底は擦らさない釣り方を心掛けましょう。

 

ジグヘッドのタイプによってはブレードなどをつけられる様なものがありますので、プレートと組み合わせて使うのも効果的です。

釣れた場所

キジハタは日本海側の方が良く釣れます!

太平洋側は多分ですが絶対数が少ない気がします。

どちらかというと太平洋側はオオモンハタが多いと思います。

白身で旨味があってとても美味しかったです。

結構な歯応えがありますので、熟成させたりするのも良いと思います。

ただそこそこ大きくないと刺身にすると、どうしても身が少なくなってしまいます。

また熟成させる時は、くれぐれもピチッとシートにくるんで寝かせるなんてことはしないように!笑

干物になります。

捌き方

さばけるチャンネルのハタで裁いているのは丁度キジハタですね。

羽太(はた)のさばき方 – How to filet Grouper -|日本さばけるプロジェクト

コメント