ショアジギング始めた時のいろいろな疑問

スポンサーリンク

ショアジギングを始めた時に自分が感じた疑問と自分なりの答えをメモしておこうかなと。
あくまでも個人的な意見ですので鵜呑みは危険です笑

Q:道具って何があればいいんだろう?
Q:道具が揃ったどんな準備がいるんだろう?
Q:いざ釣り場に行ってどんな感じで釣ればいいんだろう? などなど

スポンサーリンク

釣竿

ショアジギングは遠投してナンボの世界と考えます。
そのため、竿はできるだけ長い方が有利だと思います。(9〜10フィート位)
長いとシャクりなどがし難いかもしれませんが慣れればなんとかなる気がします笑

軽いルアーを使うならシーバスロッドやエギングロッドでも十分です。
ルアーウェイトが40gを越えてくるとショアジギロッドがいいです。

リール

リールはシマノだと4000番台ダイワだと3000番台が丁度いいのではと思います。
早いアクションも使いますし、また遠投で100m近く投げるのでハイギアが有利ではないでしょうか。
でも絶対というわけではないと思います。
自分も最初はノーマルギアのナスキーを特に不自由なく使っていました。

ライン

ラインはPEラインを巻きます。
太さは狙う魚によりますが、0.6〜1.0号くらいを使っています。
ラインが細ければ細いほど風の影響を受けにくくなるので飛距離も伸びます。
ただ、当然太いものと比べると強度は落ちますのでそこを考える必要があります。
また事実か否かは不明ですが、細いラインの方が魚が釣れ易いと言われています。
バイト数とラインブレイク、悩ましいトレードオフの関係です。
ただPE0.6号でも相当強いので細くしたほうがメリットは大きいのかなと考えています。

PEはライン自体の伸びがほぼ無い特徴を持つラインです。
そのため、遠投して100m投げてもしっかりとルアーにアクションさせる事ができます。
これがナイロンだと伸びの影響が出てしまい、手元で激しくシャクったとしてもルアーは全然動いていない、なんて事になります。
伸びが無いので急激にテンションが掛かると言う事には弱いです。
また細いので根ズレには滅茶苦茶弱いです。
必ずショックリーダーと組み合わせて使います。

ラインの巻き方

普通にPEラインを巻いているとスプールの糸巻き容量的にかなりの余裕が出てしまう事が多いです。
その状態だとスプールのエッジの抵抗が大きくなるので飛距離に影響が出てしまいますし、スプールに直接PEを巻くと巻いたPEが空回りすると言う事があります。
そう言う事を防ぐために自分はまず少し下糸としてナイロンやフロロを巻いてからPEを巻くようにしています。
エコノマイザーと言う糸巻量を調整できるものもありますが、あまり釣具屋に売っておらず取り寄せな事が多い気がします。

ショックリーダー

これは絶対に必要です。
一度ショックリーダーを忘れてしまって直にルアーを付けた事がありました。
バイトがあった時のフッキングで魚の歯で擦れたか、急激なテンションが掛かったか、ラインブレイクしてしまいました。
これも上記同様、細い方が釣れやすくなると言われています。
ショックリーダーの長さは人それぞれ持論は有ると思いますが、自分はキャストする際に垂らしの長さとほぼ同じになるようにしています。
ショックリーダーとPEの結び目がロッドのガイド部分に触れないようにしてライントラブルが極力少なくなるようにしています。
距離にも影響が出る気もします。

根ズレの心配が無いような所では出来るだけ細くしてやるのが良いのかなと思います。

結束方法

PEとショックリーダーの結束方法は沢山あります。
自分が使っているのはSFノットです。
理由は簡単で強いからです。
ただSFノットは結び目が大きくなりがちです。
そう言うのが気になる方はFGノットを使用するのが良いと思います。
自分はリールの下糸とPEの結束にはFGノットを使用しています。
始めたばかりの時はそこもSFノットを使っていましたが下糸の結び目のあまり部分が結構PEラインに引っかかり、キャストの際の抵抗になったりラインを痛める原因になるからです。

ルアー

基本はメタルジグです。
メジャークラフトさんのジグパラやアングラーズリパブリックさんのスローブラットとかをよく使っています。
スロー系の釣りか否かでジグが変わってきます。
重さは(スーパー)ライトショアジギングなら30gまでと考えています。定義はあまり知りません
30gぐらいまではシーバスロッドやエギングロッドでも行けると思います。
それ以上だとショアジギロッドを使ったほうがやり易いと感じます。

最近は飛び過ぎダニエル教信者になりつつあります。
デッドリトリーブでも動くメタルバイブです。

ルアーアクション

これは沢山有るのでよく使うアクションを
・普通のショアジギの場合
1.底を取り、10〜20回くらいワンピッチジャークで巻いてまた底を取る、を繰り返す。
2.レンジ別で攻める場合、フォール時間で管理して同じようにワンピッチジャーク→フォールを繰り返す。

・スロー系の場合
1.底を取り、2〜3回くらいロッドのティップのしなり程度でシャクってまた底を取る、を繰り返す。
2.レンジ別で攻める場合、フォール時間で管理して同じように1.と同じようにシャクる→フォールを繰り返す。

青物狙いの場合は早巻きがいいような気がしますが、活性が低い時や色々な魚を狙いたい場合は断然スロー系の釣りが釣果が有ります。

どの場合も大体のルアーのフォール速度と1回あたりのシャクりでルアーが浮き上がるかを確認したほうがいいです。
そこが根掛かりし易い場合底を取ったタイミングで根掛り→ロストで大変な事になります。

とりあえずこれくらいの事がわかれば始められると思います。

コメント