スライスの治し方

Golf
スポンサーリンク

こんにちは。

スライス困りますよね。

いきなり出てOB、そこまではいいスコアだったのにOBで崩れる…。

ということは僕だけではないと思います。

 

ラウンドに出て修正するのはとても難しいことだと思います。

出ない様になるのが一番いいことなのですが、なかなかそうは行かないですよね。

と言うより、できてしまったらアマチュアでは収まりきらないはずです笑

 

ここでは、スライスが直らん!

どうやって直せばいいの?

なんでスライスが出るの?

と言ったことを考えて行きたいと思います。

 

スポンサーリンク

スライスがなぜ出るか

スライスがなぜ出るか?を考える前に、まずはスライスとはどんな球筋なのかを確認します。

右打ちなら右方向に、左打ちなら左方向に曲がっていく球筋がスライスです。

この時、ボールはどの様な回転がかかっているかと言うと、右打ちの方なら時計回り、左打ちなら反時計方向の横回転がかかっている状態です。(図が無くてすみません)

なぜその様な回転がかかってしまうのでしょうか?

ボールの回転はクラブのフェースの向きが大きく関係してきます。

おそらくですが、皆様は飛ばしたい方向にクラブフェースの正面を向けますよね?

ですが、実際にボールに当たった時に飛ばしたい方向に対し右方向にフェースが向いている(開いている)と言うことが発生しているのが原因です。

なぜフェースが開くのか?と言うことは原因がいくつかあります。

体が開いている

まず考えられるのは体が開いていると言うことです。

体が開くと言うのはなかなか説明が難しいことなのですが、基本的にはインパクトの瞬間は体の正面でボールを捉えるのが理想だと考えています。

体が開いている状態というのは、インパクト時に体の正面がボールをインパクトするポイントは行き過ぎて打球方向に向いてしまっている状態です。

要は体を打球方向に向けるのが速すぎると言う事です。

 

体が開いていると、インパクトの瞬間にはヘッドが返り切らずフェースが開いた状態でボールに当たってしまう事になります。

解決方法

体が開いていることを直すためには、体の正面で打つ感覚を覚える事が大事だと思います。

体が開かない様にするためには左足の方向を意識すると感覚を掴みやすいと思います。

左足のつま先を打球方向に対し完全に垂直に構えます。(つま先を開かない)

楽に打とうとすると左足のつま先のが体の回転とともに、外側に開いていくと思いますが、我慢してつま先は元の位置から動かさない様に打つ様にしましょう。

そうする事で体が開きにくくなると思います。

振り遅れてヘッドが返って来ていない

体が開いた際もヘッドが返ってこないと言う現象が発生しますが、体が開いていなくてもヘッドが返ってこないと言う事が起きます。

僕が考えるに、それはどう言った状況かと言うと、インパクト時の力を入れるタイミングが遅いとそうなると考えます。

打球を遠くに飛ばすためにはクラブヘッドを走らせなければなりません。

クラブを早く振るためには力強くスイングする必要があります。

ではどの段階で力を入れれば力強いスイングとなり、打球がよく飛ぶのでしょうか?

答えは簡単でインパクト時にクラブヘッドが最大速度となる様に振る事です。

その様にスイングするためにはクラブのインパクト時に力を入れるのではタイミング的には遅いです。

打球に当たる瞬間に力を入れるとその瞬間にグリップ部分は最大速度となりますが、シャフトはしなり始めるため、ボールに当たる瞬間はシャフトがしなっているタイミングでインパクトしてしまう可能性があります。

シャフトがしなっているタイミングではクラブは捻れながらしなるのでクラブフェースは若干開いた状態になってしまっています。

そのため、体は開いていない、真っ直ぐに振っているのにスライスが出ると言う事につながって来ます。

解決方法

解決方法としては、インパクト時の力を入れるタイミングを意識する事が重要です。

ただ意識するだけでも変わると思いますが、より再現性を高くするために、例えば力を入れるタイミングは4時から5時の間と言う基準を設ける、などが良いかもしれません。

(少なくとも6時では相当体の前側にボールを置いている以外遅いんじゃないでしょうか)

ヘッドスピードやシャフトの硬さによっても力を入れるタイミングは変わってくると思いますので練習場で色々試してみると良いと思います。

アウトサイドインのスイング軌道になっている

アウトサイドインのスイングとはボールに対して、バックスイング時は体から遠いところから、振り抜きは体に近い所をクラブか通る軌道です

アウトサイドインのスイングになっていると、クラブフェースは打球方向に向いていても、ボールを擦るような軌道になるので、ボールに回転がついてしまいます。

意図しないスライス方向の曲がりがでるなら、これも原因の1つと考えられます。

解決方法

物理的にはクラブの軌道をスクエアにすることなのですが、練習方法としてはあえて、ボールの横面ではなく、内側(自分達から見えている面)を打つようにすることが効果的だと思います。

このように打つとインサイドアウトのスイングになります。

実際打ってみるとアウトサイドインの打ち方な人はとても窮屈に感じるかと思いますがボールのつかまりは格段に良くなると思います。

まとめ

意図せぬスライスが出てしまう原因は大きくは以下の3つ

・体が開いている

・振り遅れている

・スイングの軌道がアウトサイドイン

まずは上記のどれに当てはまっているかを見極めて対策することが大事だとおもいます。

コメント